読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tx別館

流れ流れて早幾年。いろんな役に立つサイトを紹介します。

ネット上にレンタルショーケースを作るという発想、PaperBoy&co.福岡の新サービス「minne(ミンネ)」は先行サイトに対して大幅な差別化があってもいいんじゃないのかなーというサービス

Webサービス

ミンネ
http://minne.com/
運営:PaperBoy&co.

一応スタートしたばかりで報道もリリースも出ているので、紹介するのもなんなんだけれども、レンタルショーケース概念自体はまったく新しくもないが、こういう世界は東京の人だと「中野ブロードウェイの…」というイメージで見てしまうが、男のホビー以外でも根強く需要があって、地方都市の店舗やショーケースに手作り作品(アクセサリ)等を委託して販売している人っていうのは結構いるものだ。男目線のサービスではこういうものは捨てられがちだが、久々に女目線で必要なサービスがネットに落ちてきたという感じ。

スタート時は登録・展示だけ出来て実販売は3月からというのが問題ない仕組みがすごい

実は似たようなサイトにCooboo(コーボー)(http://cooboo.jp/):運営:スパーク・ラボ(株)(ドンナメディアによるマーケギア推定データでは52万PV/月)というサイトが既にあるのでビジネスモデルとしては全然斬新ではないのだが、先行しているサイトはコミュニティが「出来上がっていて」クリエイターが見ているような印象がある。
しかし後発側はレンタルショーケース概念という本来であれば斬新さがない概念によって逆に差別化を図っているというだけでサイト構成としては似たような雰囲気すらあるのがちょっと残念というかすごく残念というか。

オリジナリティはものすごく薄い企画だが、コミュは完成すると入りづらくなるので、マニアにとっては別サイトの登場は歓迎らしい

GMOグループやペパボ、しかも福岡のプロジェクトとしてはもっとオリジナリティを強く出して欲しいところだし、その面だけは(特に他のサイトよりも良い利点を強くアピールしていない点が)非常に不満。だがクリエイターサイドに聞いてみると「新しいサイトは欲しかったからいいんじゃないのかしら」ということみたいなんで、結局は共存共栄できるか、切磋琢磨して商売として上手くいっているほうが残っていくのでしょうかね。まあペパボといえば、カラーミーショッププロ等EC面でも実績のある会社なので、販売が出来ることとの引換での課金処理はありだとは思いますね。

PaperBoyのサービスやメルマガ等からの導線での普及を狙うか

現在のところリリースがいくつか記事になっているのと、あとはパブー(電子出版サイト)等のメルマガ等かわいいのを売りにしているPaperBoy関連サービスなどからの導線を作っているようだ。PaperBoy&Co.は今は外部会社(パーティカンパニー)に出て店舗等をプロデュースしている家入さんというカリスマ的な人が結構な女性ファンを掴んでいる会社なのだが、むしろ家入さんの持っているお店あたりでPRしたほうがいいような気もするくらいで、Paperboyのサイト自体は女性を対象としたサービスがあるとはいっても実際のところは(ブログサービス以外は)やや男性客が多いんじゃないのという印象。こういうサイトを出す場合にどこから導線をひっぱってくるか、とどう作り手に認知をさせるか、というのは結構な課題で、先行サイトは直接スカウト(営業メッセージ)的なこともしているようだ。上手く勝算はあるのだろうか、それだけは気になる所。だが、ペパボだけじゃなくて女性ユーザー率がそれなりな「ヤプログ!」などGMOからの全面的なバックアップがあれば勝てるような気はする。

あるいは作者に営業させるサービス等。人がいて閲覧P数が多ければ定着する

先行サイトもツイッター等の外部導線から客を呼んでいる人が結構いるようで上のほうの閲覧回数と目立たない商品の閲覧回数に大幅に開きがある。結局目に触れてなんぼで、売れる率というのはECをやってるとわかるが、かなり同じ確率で捌けていくものなんで、スターを作っていくような仕組みがPVを伸ばしていき、それでついてきた客が他の商品も見る、そして一定数買う、ような循環の仕組みが上手くできれば上手くいくのかもしれない。あるいは会員には販売促進のためにポイント還元を負担させるような仕組みを作るとかするとか、グッズの売価が曖昧なのを逆手にとってDMMのように特定期間に半額ないし減額販売するような仕組みに協力してもらうとかすると売れるのかも。いずれにしてもこの企画、自己表現支援、簡単なサービス、と枠組みから入っていて志とか潜在ニーズの掘り起こしとか、そういったものはリリースからはみじんも見えないのだけが気になるのよね。
リリース
http://japan.cnet.com/release/30013464/ (広告を飛ばしてください。その他にも沢山出ていますがリリース複製のため割愛)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1201/17/news082.html

Ads by アイモバイル