読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tx別館

流れ流れて早幾年。いろんな役に立つサイトを紹介します。

TOLOTは500円(1コイン)でフォトブックが作れるサービスだけどPC版リリース記念初回登録or紹介クーポン併用すると50%offで初回250円

TOLOT
http://tolot.com/
運営:株式会社TOLOT

キャンペーンはこちら http://tolot.com/special/half_price_campaign/

めざせ100万ID!価格も超サービス!の心意気よし

100万登録を目指す!とのことで、志も高くID確保のためか非常に安価(キャンペーン中はクーポン使用により半額)で、シェアを取りに行く気まんまんなサービス価格は素晴らしい。この価格帯での類似サービスも無くはないが、この価格であれば最初は1冊にしようと考えていても、友達にも渡して2冊にしようか…などと考えるのでいいと思います。AdobeAIR仕様のPC用ツールも、使い勝手はまだ改善の余地はあるものの、作りやすいソフトとなっている。ただ、仕様が64ページ(たぶん本文ベース62ページ)一択で、62ページを埋めるほど1回の写真がなかったりすることも多いのは事実で、あと写真配置が横位置の場合に1P1枚だと空白が必ず出てしまう仕様なのは勿体無い。2枚配置できればなー。あと少ない枚数で作れる半分程度のページのものもあればなー。という面で、コストダウンして1仕様としている分の不満は出てきてしまう。
とはいえスタートアップ期であるので、それらについては将来的に改善もしくは希望に応えた新仕様なども出てくることを期待したい。

企業概要があっさりすぎる。信頼を高めるためにはもう少し情報開示を

あとTOLOTの運営は株式会社TOLOTなのだが、会社概要があっさりしていて、コーポレートサイトがないので、写真を預ける身としては、預ける側にはこれでもかというくらいの安心の提示が必要だと感じる。求人もしていて親会社と思われる株式会社アトムに行くと同じ経営者で65人も勤務している会社なので、そこで納得はするのだが、もう少しそのへんの情報開示が欲しい。プライバシーマーク程度の取得でも安心するのだが(それが要るということではないが、セキュリティにおける技術力もしくは防止策のアピールは必要)。

旅行記録などをフォトブックにするのは、アルバムに慣れている妙齢の女子には普通に流行っている

それなりの年齢の女子を中心に、最近はデジカメの普及でプリントしなくなった写真を、旅行などの単位でフォトブックにするのは、デジカメ写真がそのままになりがちなのを防ぐためにも、またカメラ女子のたしなみとしてもわりと流行しているので、アピールすべきメディアを間違えなければそれなりの普及はしていくと思う。

Ads by アイモバイル