読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tx別館

流れ流れて早幾年。いろんな役に立つサイトを紹介します。

読書インデックス・感想系サイトは多数あれど、古本・図書館検索との連動とか献本PRとか物々交換などの面白い仕組みが群を抜く「メディアマーカー」

メディアマーカー
http://mediamarker.net/
運営:ClickAssist

読書サイトなだけであれば他にもたくさんあるが、シンプルだけど使いやすいサイト

自分で蔵書リスト(つまりは本棚)を作れて、それにコメント等も書けるサイトだが、ここがいいのはシンプルに徹している点。以前は新刊在庫もネット書店を横断検索できる仕組みがあったのだが、Amazonのシェアが圧倒的になったのか各サイトのAPI等の変更が激しいのか廃止になってしまってネット書店からはレビューだけが横断で拾われてくる。新刊はAmazon、図書館はカーリル、古本は自社運営のBookgetへと送られる仕組みだが、図書館派の人などには便利だろう。特筆すべきなのは「物々交換」と「献本PR」で、物々交換は文字通りユーザー同士での本の交換(但し多対多の仕組み)、献本PRも文字通り出版社・著者が自分のIDで新刊をプレゼント出品しPRというもの。どちらもニーズに叶っているというか、物々交換は「交換派」のユーザーやエコ志向にもあっているし、献本PRはクレクレ系の人も本好きの人も見ることから、メディアマーカーに露出すれば数万PVが稼げて、著者との距離も縮まるなど版元側にもメリットがあるし、本は買うという人も買わないという人にも幅広く一律に楽しい仕組みが構築されている。

不正者は追い出す仕組みが出来ている

献本PRについては当選者側が到着したという報告を出さないと再度の応募ができないという仕組みが出来ており、それがないと出品者も出品ができない、と、ある程度ユーザーサイドにちゃんとしてもらうための催促システムが出来ているのがいいと思う。だが、単にだらしない人(メールがきても評価など必要に思えないようなことには反応しないような人)にはこのサービスの利用が向かないし、そのとばっちりを出品者が受けるという意味にもなってしまうので一長一短ではあるし、このへんはまだ考える余地がある気がします。

運営者は他にも本関係のサービスを運営

「古本一括検索サイト Bookget」、「漫画全巻セット検索サービス 全巻GET」、「Twitter話題本ランキング ツイボン」などを運営している。他にも旅行記ブログサービス等、他ジャンルも運営しているが、本のサービスが多いところで本にちゃんと向い合っていこうという姿勢が見えてすばらしいと思う。

Ads by アイモバイル