読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tx別館

流れ流れて早幾年。いろんな役に立つサイトを紹介します。

有料でいいのでちょっとした翻訳を頼みたい…そんな時に最短30分からプロが翻訳してくれるサービス「スピード翻訳byGMO」

スピード翻訳byGMO
https://www.quicktranslate.com/
運営:GMOスピード翻訳株式会社

このサイトのメリットは「早い」(スピード翻訳)のと「安い」(オークション翻訳)のの2つが選べること

スピード翻訳は、見積もりを受けて受注が行くと一斉メールが翻訳者に送付され。即時対応可能な翻訳者が立候補し、作業申請をおこなうというもの。世界各地にも翻訳者がいるため(時差対応でき)、比較的どんな時間帯でも納品が早い(ただし30分より5日まで、様々なプランがある)。納品はデータ。こちらのサイトにログインすることで落とせる。よいシステムなのは、納品後、3営業日以内であれば、無償で修正、校正のチェックを受けてくれること。
気になるセキュリティだが、全ての翻訳者と機密保持契約を締結しているのは当たり前としても、受注翻訳者以外の翻訳者に公開したくない文字情報はあらかじめ伏字処理もできるのはいい。

ところでもう1つのオークション翻訳は、あのオークションとそうかわらず、オークション出品するとやはり翻訳候補者に一斉通知が行く。入札してきた翻訳者の中から担当者を選定して選ぶという形(最安者である必要はない)。こちらがいいのは相手をわりと選べる点か。

仕事での文書等、Webでの機械翻訳では不安が募るようなものに関しては、わりとここでことが足りると思われる。私も1度利用してみたことがあるのだが、登録者数が多いことがなかなかいいです。(利用実績は27,000件以上)。翻訳者も一度トライアルテストを実施している上に、さらに毎月ランダムにピックアップしたもので翻訳の品質検査もされているそうで、ある程度のレベルの高さは保証されているのだろう。

GMOのサービスの中でも比較的良くできたシステム

要はかなりマッチングサービス的な色彩が強いのだが、翻訳者を指定したいのか、それとも早いのがいいのか、という二択を採用しているのはいい。割り切り方を特に評価したいところ。
GMOは会社の体質としてやはり売れ筋にリソースを割く傾向で、そうでないものは運用中でも(費用のかかる大改造は)放置されがちな傾向があるのだが、スピード翻訳のサイトについては最近リニューアルをされている。そういう意味では放置されていない、かつ一部(IT新聞等)に出稿もしている。翻訳専門の他社にも似たようなサービスはあるものの、上手く回っているという意味では、こちらのほうがいいと思う。

Ads by アイモバイル