読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tx別館

流れ流れて早幾年。いろんな役に立つサイトを紹介します。

人のブログのPVを知りたかったら広告マーケットプレイスの広告出す側から入ると約8000サイトの広告インプレッション丸見えなので密かに便利

Webサービス

Pitta
運営:デジタライズ
http://www.pitta.ne.jp/

広告マーケットプレイスというブログ収益手段は地味〜に定着

アドマーケットプレイスという一時期期待されたジャンルがあります。ブログ等を登録させ、またスポンサー側も登録をさせて、マッチングするようなビジネスです。まあ期待ほどは成長しなかったんですが、自分とこのサイトだけに頼らない、アドネットワーク(他社から入る)広告を入れることにより、空き枠が少なくなって、地道には定着しているようです。

「スポンサー」登録して検索すると、アクセスカウンタを置いていない類似ブログのPVが推定できる

このサイト、「媒体資料」としてバナーを貼っているサイトの広告インプレッションを公開しているページがあり、マーケティング的なデータとして使用することも可能。(注意:ただし広告を貼っているスペースのインプレッションだけであって、貼ってない部分は計測されないし、スマホやモバイルの分等も、それに対応した枠でないと計測されていないので、単純な合計PVとは思わないように)。検索はサイト内からしかできないけど、インプレッションは公開データとなっている。

広告を出す側「スポンサー」として登録した場合には検索もできるので個人ブログ宛にターゲット絞ったバナー等を出す場合は参考になると同時に、個人ブログの場合のPVの多い順、やどういった内容が受けるのか、というデータが取れる。
(※非ログインでも各媒体資料ページは見れるので「サイト名+Pitta」で検索すると見ることが可能。)


※公開情報。キャプチャは2012年9月16日現在

例:登録媒体の中で特に広告枠インプレッションの多い「Pandora.tv」のPitta媒体資料の例。他社の話になるが、JListingADsの指定表示先サイトでみていても、動画サイトは表示数が多い傾向はある。ただ、動画サイトの場合、動画を見るのを目的に来ているので、マッチングやクリック率等は微妙かもしれない。

昔は審査が厳しかったが、忍者ADMAXなどとの連携で即登録等もされるようになり、昔よりカジュアルに利用できるようになった

広告マーケットプレイスが媒体資料を公開する仕組み、は昔あった同様な広告マーケットプレイスドリコムスペースハンター」でも同じ構造だったが、現在は既に閉鎖している。(ドリコムの場合はブログの運営法人名等も出ていた)。他にも現在ではツイッターの広告等を扱っているCGMマーケティングがやっていた「アドバタフライ」というサイトもあったが撃沈している。広告マーケットプレイスというのはブログブームに乗じて出来たもので、PVを束ねられる&ブロガーにお金を還元できるという相互メリットのある面白い仕組みなのだが、海外では流行していたものの、なかなかお金にならないことがあって、定着は難しいようで。Pittaもかなり昔は審査も厳しくそのわりにサーバも重く貼る意味合いが余り当時はなかったのだが、改善が進み、クリック課金以外にインプレッション広告を導入して、Pittaの自社広告が表示される率も減り、かつ表示された回数だけでもお金がもらえるようになったので、今は結構貼っておいてもいいかなと思わせるものがある。
また、「忍者ADMAX」とも連携しており、一般サイトであればあちら(忍者ADMAX)に登録するだけで、チェックボックスを入れるだけでこちらがわにもサイト登録されるような仕組みもあり、過去はかなり厳しかった審査自体はかなり軽くなったように思う。

地域やジャンルなどにターゲットを絞った出稿が3000円くらいから可能。収益はだいたい個人版のマイクロアド広告程度か

Pittaは地域別に束ねた出稿も受け付けていたりするので便利かも。

まあメジャーサイトの場合は「ドンナメディア」等でも推定PVはわかるけど、あれはA級のメジャーブログでないと載ってないけど、その下くらいのサイトのPVを推定するのにはいいと思います。勿論出稿も検討しようね。
入れる側も、小銭程度の稼ぎにはなりますが、マイクロアド並くらいにはなるので、あああんなくらいの収益か、くらいに考えておいて、サブで入れたりするのはいいと思います。媒体資料ページもできるしね。

テスト出稿してみた


こんな適当なバナーを作ってみて、最近更新していない死に筋のブログへの広告を
虚構新聞」(Pitta上の媒体資料)ともう1ブログに入れてみた。インプレッション制とクリック制が選べる。一応割を考えてクリックにしてみた。Pittaは結局提携のアドネットワークのせいでローテーション処理の中の1つになるので、万単位のPVの虚構新聞の中では1/6〜1/10程度かと想像できるが、最終的にはそちらと2ブログで約11000インプレッション、65クリックで約3000円。モノを買わせるようなサイトだったらいいけど、(クリック単価性のほうが束ねやすいのはわかるけど)無料ブログからでも誘導でそのくらいはいくのでうーんどうかなあという感じ。サイトターゲティングはだいたいわかったのでそのうちエリアターゲティングを試してみようかとは思います。

自社広告も貼れるのでアドサーバ的な利用も可能

有償広告が入る場合はそちらのほうが優先されそうですが、自社広告を幾つか登録することも可能なので、アドサーバ的な使い方も一応出来るようです。

2年ログインしないとID剥奪

それはいいけど、振り込んでるお金も無くなってしまう仕様がかなり嫌。メールでログインを促されたところで見るのがだいぶ後だったりするとアカウント剥奪後だったりして。復活できるような仕様にしてくださいよ…

Ads by アイモバイル